HOME>トピックス>伝統的な技法を用いる宮大工【注目が高まる和モダンな住宅】

宮大工の仕事

宮大工は、神社仏閣の建築を行なう専門技術をもった大工のことを指します。釘を使わない木組みと呼ばれる伝統的な宮大工の技術は、近年注目が高まり、一般家庭の住宅でも取り入れられるようになっています。

宮大工と大工の違い

一般的な大工とは

在来工法で作業を進めて住宅を建築していきます。、また、一般的な大工は、2、3年ほど修行をすることで建築作業をすることが出来るようになります。

宮大工とは

一般的な大工とは異なり、10年ほどの修業が必要になります。また、室内装飾も行なうので彫刻や漆塗りの技術が必要になります。

伝統的な技法を用いる宮大工【注目が高まる和モダンな住宅】

工具

宮大工に住宅建築を依頼しよう

木の温かみを感じることが出来る注文住宅を購入したいのであれば、宮大工が施工を行なってくれるハウスメーカーに依頼して住宅を購入しましょう。良質な木材と高い技術を用いた注文住宅であれば、納得のいく住宅購入が叶うでしょう。最近注目されている和モダンテイストの住宅を購入したい人に最適です。

宮大工の伝統的な技法

大工

材木を継ぎ足す「継手」

継手という技法を用いれば、十分な長さの材木を用意することが出来ます。この継手には腰掛鎌継ぎや台持ち継ぎなど、多数の技法があります。

接合する技法「仕口」

角度のある材木を接合する技法として仕口があります。複雑な技法の為、宮大工の高い実力が示されます。

室内を華やかにする「彫刻」

室内の彫刻も宮大工が行ないます。木材を彫って龍や獏など依頼主の希望するものを彫っていきます。高い技術だけでなくセンスが求められます。